ホノルル在住の元CIA職員が中国のためのスパイ容疑で逮捕されました

CIA(中央情報局)に長年勤務し、FBI(連邦捜査局)の請負業者として働いていたホノルル在住者が中国に国家機密を売ったとして起訴されました。

Hawaii News Now によると

CIA(中央情報局)に長年勤務し、FBI(連邦捜査局)の請負業者として働いていたホノルル在住者が中国に国家機密を売ったとして起訴されたとのこと。

当局は、1968年に香港からホノルルに移住し、1982年からCIA職員となった67歳のアレクサンダー・ユー・チン・マ容疑者は、少なくとも2001年の初めには中国国務省の手先になっていたと述べています。

月曜日の記者会見で、ハワイの米国地方検察官、ケンジプライス氏は、マ容疑者の不法行為は米国に対する裏切り行為であると述べました。

月曜日に封印が解除された裁判所の文書では、マ容疑者がCIAで働いている間、少なくとも一部の期間、東アジアおよび太平洋地域に関する最高機密を保持していたとのこと。

マ容疑者は1989年にCIAを辞任し、その後、2001年3月に香港で中国の情報当局者と少なくとも5回にわたり一連の会議を行ったとされています。

これらの会議の間、マ容疑者は「自発的かつ意図的に」中国の諜報機関に、人的資産やCIAの職員IDに関する情報など、CIAプロトコルに関するさまざまな重要な情報を伝えたと考えられています。

FBIが入手した2001年3月の会議の記録では、中国の当局者が容疑者と別の共謀者に米国ドルで50,000ドルを支払っていることが示されています。

このスパイ容疑は、2004年にFBIに中国の言語学請負業者として雇われた後も続いていたと裁判所の文書が述べています。

FBI在職中の犯罪の中でも、同容疑者はFBIのコンピュータを使用して誘導ミサイルシステムに関する文書をCDに焼き付け、デジタルカメラを使用して機密文書を撮影したとされています。

昨年初め、FBIはマ容疑者に対して中国の諜報機関を装って容疑者のオフィスで覆面捜査を行いました。

覆面捜査官は、マ容疑者に中国政府からの依頼を伝え、マ容疑者は謝礼として現金2,000ドルを受けとったとのこと。マ容疑者は中国政府を支援し続ける意思があることを潜入捜査官に伝えたとされています。

ニュースソース:Hawaii News Now   |  ライター:
リリース日時:2020年8月17日午前9時58分