イゲ知事は今週より多くの(パンデミック抑制のための)制限を発表する予定です

ハワイ州のイゲ知事は今週後半にさらなる規制を発表する予定です

ハワイのTV局KHON2のニュースサイトによると

ハワイ州のイゲ知事はパンデミックを抑制するための今週後半にさらなる規制を発表する予定であるとのこと。

ハワイ州では連日3桁の感染者数の増加があり、パンデミックが5,200件を超えるなか、オアフ島の規制強化がさらに迫っています。

保健当局は、8月17日にオアフ島で163件、マウイ島で9件、ビッグアイランドで2件、合計174件の新しい症例を報告しました。

イゲ知事は今週後半にさらなる規制を発表する予定ですが、保健当局と経済専門家は、完全な封鎖は最善の選択肢ではないかもしれないと述べています。

イゲ知事は声明で、カークウェルホノルル市長に会ったと述べ、両者はオアフ島のために追加の対象を絞った制限の必要に同意したと発表しました。今週その詳細が発表される予定です。

ジョシュ・グリーン副知事はさらなる規制が必要であると知事に提言したと語りました。
「最も重要なことは、このことを打ち消すことであり、重大な制限を課すことを積極的に続けていくと思います。おそらく30日間の在宅令で、追跡プログラムの強化と組み合わされます。これにより感染者数が大幅に減少します」と副知事は述べています。

COVID-19に関する下院選考委員会のメンバーは、今回は、州政府がクラスターの詳細を提供することが重要であると指摘しています。

健康保険会社のHMSA社長兼CEOのマーク・ムイシシ氏は「現在どのような活動がどのような問題を引き起こしているのかについていくつかの情報を提供し、それに応じて行動を修正することを可能にします」と述べました。

委員会は、大衆は不満を抱いているので、データが収集され、意味のある方法で提示されれば、より進んで遵守するだろうと述べています。そして、人々の行動が経済に直接影響を与えることを人々に知らせるためにはより厳しい言い方が必要ですと語ります。

「ビーチパークに行ってパーティーをしたいですか?(経済が悪くなるので)帰宅したときに仕事があることを期待しないでください。」とハワイ大学経済研究所のカールボナム事務局長は語った。

下院議長のスコット・サイキは、委員会の要請に応えて保健省から送られた手紙を発表しました。 保健省は、プライバシー法に違反することなく、より多くの情報を公衆に提供する方法を決定している最中であると述べています。サイキ議長はまた、委員会は情報を人々に伝えた方がよいと述べました。

「州民は私たちに方向性を提供することを望んでおり、この委員会は州がすべての人に何らかの構造を提供するのを助けることができる非常に信頼できる人々で構成されていると思います。」と話しました。

ニュースソース:KHON2   |   ライター:マノロ・モラレス
リリース日時:2020年8月17日午後6時28分