ホノルル市、再びの在宅命令発令、8月27日から2週間

3月に最初の在宅命令発令からちょうど5か月後、オアフ島に在宅命令が再発令されました。

ニュースソース:KITV

カークコールドウェルホノルル市長は、この命令は木曜日の朝に発効し、少なくとも2週間続くと述べています。

市長は、COVID-19の症例が減少した場合、市は再びオープンし始めると述べおり、そうでない場合、命令が延長される可能性があります。

この命令は、3月に発効された同様のルールに戻ることを意味します。
レストラン店内での食事、サロンや理髪店、ジムなどは許されず、私立学校での対面学習もありません。(ただし、これらの学校は引き続きオンラインで生徒に教えることができます。)

ハワイの公立学校は、ハワイ大学とともに開校することが許可されます。
工事は継続されます。宗教的行事は継続でき、必須ビジネスも同様に開いたままにすることができます。

コールドウェル市長は、「私たちはこれを乗り越えることができる。これを行うことができる。私たちは一度やった。もう一度やることができる。もう一度再開するときは最初とは異っているだろう」と述べました。

命令は隣島には影響しません。

コールドウェル市長はまた、火曜日に彼らが250-500人のコンタクトトレーサーを雇うことを検討していると発表しました。

市はまた、地元のホテルとの契約を締結し、陽性と判定された人が自宅で隔離できない場合の隔離措置ための部屋を提供しています。

ライター:
投稿日時:2020年8月25日午後12時06分